泣き寝入りはNG!交通事故に遭ったら弁護士に依頼をしよう

>トピックス>交通事故に遭って後遺症が残った場合は弁護士に即相談!

誰も起こる可能性がある

交通事故は自身がどんなに注意をしていても起こるものです。自己処理として、示談交渉がほとんどですが後遺症があった際は東京にある弁護士に頼ることが大切です。

弁護士と行政書士の違い

弁護士

弁護士は法律のプロになっており、様々なことを代行してもらうことが可能です。訴訟の代理や示談交渉といったことも行なってもらうことができるでしょう。

行政書士

行政書士の場合は官公署に提出するための書類を作成する業務が主となっているため、交通事故で後遺症が残った際に依頼をすることはできません。

交通事故に遭って後遺症が残った場合は弁護士に即相談!

電卓

交通事故に遭った場合

交通事故に遭った際は、警察に連絡し、双方の保険会社に連絡をします。その際、特に身体的問題がなければ保険会社から車の修理費が振り込まれます。しかし、後々交通事故の症状が現れる可能性がありますので、弁護士に依頼をして慰謝料を受け取りましょう。

女性

依頼先を探す

交通事故の慰謝料問題を得意とする弁護士に依頼をしましょう。そうすることでスムーズに進めることができ、早急に問題を解決してもらうことが可能です。インターネット上では東京で交通事故問題を得意とする弁護士がサイトで紹介されていますよ。

男性

B型肝炎の給付金も依頼が可能

B型肝炎になった場合、給付金が適応されることがあります。1941年の7月から1988年の1月の間に集団予防接種を受け、B型肝炎に感染した場合は国から損害賠償金を受け取ることができるので弁護士に依頼をしましょう。


広告募集中