お金を借りる時は注意!

お金を借りるということは所謂、借金になります。必ず返済をしなければならない他、利子がついてくるので返済計画を立てる際には十分に注意しましょう。また、返済が困難になった際は弁護士に相談すると良いです。

弁護士に依頼できる内容

  • 離婚問題
  • 慰謝料問題
  • 相続問題
  • 交通事故問題
  • 刑事事件

金銭面の問題は弁護士に依頼~心に余裕を持つ方法~

男性

債務整理をしよう

何らかの事情で借金を抱えている人は多いものです。借金を完済することができれば良いのですが、高額になる場合はなかなか完済することができません。頑張って返済をしていても元金がなかなか減らず、どうしようもないという事態に陥ることもあるでしょう。その場合、債務整理を考えることが大切です。債務整理の方法としては過払い金の確認と請求、任意整理と個人再生、自己破産が挙げられます。

相談

借金を減額する方法

多く支払いすぎている場合、過払い金の請求を行うことができます。過払い金があるかどうかの確認は弁護士に依頼することができ、また請求も行なってもらうことが可能です。過払い金があれば請求し、それを借金の返済に充てることができるでしょう。任意整理は弁護士が借りているところと示談交渉を行い、借金を減額させる方法になります。

男女

最終手段とは

任意整理と似たものに個人再生があり、個人再生の場合は弁護士ではなく裁判所に申し立てをしなければなりません。個人再生の場合は借金額を大幅に減額することができ、尚且つマイホームを手放す必要がないため個人再生を選ぶ人も少なくありません。債務整理の最終的な手段としてとられている方法が自己破産になります。自己破産の場合、借金をなくすことができますが財産も失われるため注意が必要です。

女性

個人再生の依頼費用

個人再生を弁護士に依頼する際、当たり前のことながら費用が発生するものです。個人再生にかかる費用は30万円~60万円となっており、住宅ローンがない際の費用相場になっています。また、必ずしもこの金額内で収まるというわけではなく、申し立てや手数料などがかかる場合もあるので、弁護士に依頼する前に確認しておくと良いでしょう。

早めに相談することが大事!

借金の返済が困難とわかった時点で弁護士に相談をすることが大切です。借金返済のため、他の消費者金融からお金を借りて返済をしようとすると多重債務になり、余計に借金返済の目処が立たなくなるからです。そのため、他の消費者金融を利用する前に早めに弁護士に相談しておくことでスムーズに借金を返済していくことができるでしょう。

広告募集中